うつと闘う専門医

うつ病予防は心と身体の症状を知ることから始めよう

再発防止の為に

医者

病気の治療で大切なのが、再発防止対策です。うつ病は特に再発し易い病気として有名なのでしっかりと再発防止対策を施しておきましょう。しっかりと対策することで健康を維持することができます。

予防に必要なこと

看護師

うつ病の予防には、病気について知ることが大切です。一般的にこの病気はストレスが原因と言われています。ストレスを溜め込み続けることで、心を健康に保つ為のバランスが崩れてしまうのです。心を健康に保つことができないと、様々な症状が出てきます。これは抑うつ症状で、気分障害や意識、意欲の低下、思考力の低下など心に現れる症状が有名です。さらに、睡眠障害や頭痛、慢性的な倦怠感や疲労感など身体の方にも症状が現れるでしょう。この病気は一度発症してしまうと、治療するのにかなりの時間を要してしまいます。そのため、未然に防ぐように心掛ける必要があるのです。基本的に病気の症状を自分でチェックすることで、早期発見をすることができるので病気の予防にも役立ちます。心と身体の症状について覚えておきましょう。うつ病の主な症状として特徴的なのが心の症状です。この症状は一過性のものであれば、誰でも経験するので病気だと気付くのに遅れてしまうことが多いと言われています。基本的に人は悲しいことや辛いことがあると落ち込んでしまうでしょう。そのような反応は正常な反応で、誰でもそのような反応をします。嬉しいことがあれば喜び、嫌なことがあれば悲しくなるのです。ですが、この病気の方は感情や気分と身体の反応がバラバラになってしまいます。感情や反応をコントロールできなくなるのです。特に分かりやすいのが、嫌なことや辛いことが起こったわけでもないのに突然悲しくなり、気分が落ち込んでしまうことでしょう。理由もなく気分が落ち込んでしまうような事が増えたら注意が必要です。また、意識や意欲、思考力が低下します。何もやる気が起きなくなり、行動することができなくなってくるのです。ご飯を食べたり、お風呂に入るといった行動を起こす気力が湧かなくなり、一日中じっとしていることもあります。意欲が低下すると行動することができなくなってくるのです。思考力が低下すると何かを考えたり、物事を決めたりすることができなくなります。自分で考えたり、答えたりすることが難しくなるのです。そして、考える事ができなくなるのと同時に、考えることを止める事もできなくなります。無意味な妄想などでも、一度考え始めると妄想が止まらなくなるのです。うつ病の方はその際に悲観的な妄想に耽ってしまいます。妄想が止まらなくなると現実と妄想の区別がつかなくなるので注意です。身体に現れる症状としては、慢性的な倦怠感や疲労感が挙げられます。特に何もしていないのに、疲れや怠さが取れなくなってきます。休養を十分に取っているのに疲れや怠さが取れなくなってくるでしょう。頭痛も慢性的に続くようになります。睡眠障害も現れ、一般的にうつ病の場合は寝付きが悪くなることが多いでしょう。普段よりも30分から1時間以上かけても寝付けなくなってしまいます。寝付けたとしても、ちょっとしたことですぐに目が覚めてしまうのも特徴の一つなのでチェックしておきましょう。このような症状に注意しておくことで、うつ病の予防や早期発見に繋がります。特に心の症状は自分にしか分からない症状です。普段から心の変化についてはしっかりと観察するようにしておくことが大切になるでしょう。

症状の進行

カウンセリング

うつ病という病気は徐々に症状が進行していくため、気付いた時には症状が悪化していることも珍しくありません。今回はこの病気の症状の進行を紹介するので早期発見に役立てましょう。

薬を用いて治す

悩むレディー

うつの症状を緩和させるためには、脳のコントロールが正常になるように薬を飲むことが必要です。薬にも様々な種類があるので、症状に合わせて処方を受け、治療を進めておくことが重要でしょう。