婦人

うつ病予防は心と身体の症状を知ることから始めよう

再発防止の為に

医者

病気の中には再発予防に気をつけなければならない病気がいくつかあります。その中でもうつ病は特に再発予防に取り組む必要があるでしょう。基本的にこの病気は再発しやすい病気と言われているからです。精神疾患はとても再発しやすい病気なので、再発予防の為に必要なことを学んでいきましょう。一般的にこの病気は回復してから、2年から3年程の間に再発してしまう確率が患者全体の半数以上に上ると言われています。このように再発のリスクがとても高い病気なのでしっかりと再発防止対策をすることがとても重要なのです。病気の治療には急性期と回復期、そして再発予防期があります。急性期には症状がとても強く出るので、薬物治療や休養などで症状を改善させていくでしょう。症状が軽くなってくるので、日常生活などにも興味が湧いてきます。簡単な家事や外出くらいならこなせるようになるでしょう。回復期は症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、状態を少しづつ安定させていきます。回復期は症状が徐々に改善していくにつれて希死念慮が強く現れるようになるので注意が必要です。強く死を意識するようになります。これは、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すことで、また病気になるくらいなら死んでしった方がマシだと考えるようになるからです。再発を恐れ、この世から消えてしまった方が楽だと感じます。回復期にはある程度、気力や体力が回復しているので行動力も伴ってくるので注意が必要です。患者の様子をしっかり観察しておきましょう。うつ病の再発予防には維持療法などを行います。基本的に病気が治った後も、薬物治療は続くのです。一般的には病気が治ってから1年から2年程でしょう。場合によっては期間が短くなったり長くなったりするので医師と相談しながら維持療法を続ける期間を決めます。この病気の薬物治療は段々薬の量を減らしていくので長い期間が必要になるのです。うつ病の予防には認知コントロールも効果的でしょう。思考パターンを変えることで再発予防を行います。考え方を変えることで、悩むことが減りストレスを溜めにくくなるのです。また、不眠にも注意していくことが大切でしょう。夜眠れなかったり、眠りが浅くて何度も目が覚めてしまうなどの症状が現れた時は注意が必要です。うつ病の場合は睡眠障害などの症状が現れるので、少しの変化も見逃してはいけません。すぐに専門の医師と相談するようにしましょう。また、睡眠が浅いだけではなく、眠気が取れなくなったりすることもあります。1日10時間以上寝ても眠気が取れずに、集中力がなくなるようなら危険です。うつ病の再発防止には周りの人間のサポートも欠かせません。家族の方はできるだけ規則正しい生活を取らせてあげるようにサポートしてあげると良いでしょう。また、社会復帰をした場合はその人が仕事を抱え込まないように配慮してあげる必要があります。あまり1人に負担をかけすぎてしまうとストレスを溜め、病気の再発リスクが高まってしまうのです。再発防止にはストレスを溜め込まないようにすることも大切ですので、趣味などで発散するようにしましょう。